小銭もチリも積もれば山となりの貯金道

誰に似たのか、子供は貯蓄に精をだしている。小銭をせっせっと貯金箱に貯めては、ときおりお金を数えて独りニヤニヤ。確かにい「一円を笑う者は一円に泣くよ」と私の教え通りに、小銭を貯金しだしたが、時折貯金箱からお金を出してしまう私より、しっかり貯めて出さない子供。何時の間にか5円玉で2000円位貯めた。それを数えては満足げで今度通帳にお金を入れておくと言っている。なるほど小銭貯金もあなどれない。ちょっとした節約で小銭も貯まる物だ。

販売の仕事をしているけど、レジに募金箱があって1円なんてすぐ貯まってくる。男性などは小銭が鬱陶しいのか、お釣りを全部募金箱に入れてくるし、年配の女性も5円をよく入れてくる。5円を「ご縁」と掛け合わせて、五円玉集めるといいよと子供に言った事があるが、以外に5円玉を集めている方は多いようだ。「小さな事からコツコツと」が信条の私だけど、その言葉はしっかりと子供に受け継がれている。「ママのせいでケチくさくなった」なんて子供に言われたが、いやいや貴方の方が守銭奴だよ。貯蓄なんて小さな所から始めれる。小銭なんかと馬鹿にできません。改めて子供の姿勢に刺激を受けまして、小銭貯蓄道に励んでおります。

余裕が無いからこそ貯金を楽しむ

うちの家計は主人の収入だけで生活しています。
所得が多いわけでもなく、主人とわたし二人分の奨学金の返済など固定費の支出が多いので、先取り貯金をする余裕がありません。しかし、こども達も居るわけで将来の為にも貯金が必要だと考えています。
そこで、少しでも貯金に回せるお金を確保すべく「500円玉貯金」と「365日貯金」をしています。

1日の終わりに財布の中に500円玉があれば開ける事ができない貯金箱へ入れています。わざと中身の見えない貯金箱を使用して何円貯まったかは開ける時のお楽しみにしています。
365日貯金は1年で6万6795円貯まるというものですが、都合良く小銭を集めるのが難しいので不定期に貯金しています。

「365日貯金シート」をネットでダウンロードして、貯金箱へ入れた金額の箇所にシールを貼って達成感を感じています。このやり方の場合、ちょうど1年で終わる事は出来ませんが出来るだけ1年に近づけて終われる様に頑張っています。余分なお金を捻出する余裕がない家庭にとって、貯金をする事はハードルであり気持ち的にも負担がかかります。
少しでも楽しんで貯金出来るように日々思案しています。節約・貯金は苦しいものだと思っていましたが、今では家族みんなが協力してくれるおかげで考え方が変わりました。

社会人1年目、1年間で100万円貯めた話

学生時代はアルバイト代をすぐ使いきって、常に金欠状態でした。貯蓄をしようと何度も挑戦しては、結局すぐ使ってしまい諦めるの繰り返し。このまま社会人になっても同じ生活を続けるのはよくないと思い、どうしようか考えました。そこで、まず1年だけでも頑張ってみようと思い、1年間で100万円貯蓄しようと決めました。

方法としては、毎月5万円を先取り貯蓄、年2回支給されるボーナスは全額貯蓄するというシンプルなものにしました。しかし思わぬ誤算が。ボーナスが想定していた金額より少なかったのです。当初は毎月の貯蓄が5万円×12ヶ月の計60万円、残りの40万円をボーナスで賄う予定でした。しかし支給されたボーナスの金額は約15万円。2回目のボーナスも同じ15万円だとすれば、100万円貯蓄にあと10万円足りません。これは私のミスなのですが、ボーナスから保険料など引かれることを計算していなかったのです。目標金額を下げればいいのですが、変なところで頑固な私は、何としても100万円貯めてやる!と意気込みました。

そこで毎月の貯蓄を2万円増やして毎月7万円貯蓄することにしました。昼ご飯は水筒と弁当を持参、友人との遊びは金欠時は行かないなど、節約に奮闘していました。その結果、なんとか1年間で100万円を貯蓄することができました。1年間頑張ってみて思ったことは、手元にお金しかないと思えば、意外とそれだけでやっていけるということです。社会人4年目になった現在も、毎年100万円の貯蓄を続けています。

健康でいることが節約につながる!

先日、歯医者に行ってつくづく感じた。

元々、歯は丈夫なのに怠慢な生活、歯磨きのために虫歯ができてしまった。完全に自分のせいだ…。

初期虫歯があちこちにできていて、何度も通わなければならなかった。

治療してくれる歯医者さんはありがたいし、費用は思った程高くはなかった。

しかし、きちんと歯磨きをし、虫歯をつくらなければかからなかった、手間と費用。

歯医者に行くために時間をさき、ガソリン代だってかかっている。

健康に気を使い、元気でいることがいかに節約になるのか身にしみた。

疲れた身体にご褒美と安いおかしやジュースを飲み、歯磨きもせずに寝落ちするなんて、虫歯の出来る最悪のループを、作ってしまっていた。いけない。

虫歯だけでなく、他の病気にももちろん言える。

病気して働けなくなったら節約どころの話ではなくなってしまう。

安いお菓子を食べ続ければ今度は糖尿病になるかもしれない。いろんなリスクや病気がかくれている。

それに、健康になるにはなわとびしたり走ったり、費用があまりかからない。

家の外に出てやればその間、光熱費もかからない。

トレーニングすることがありとあらゆる方面で節約になる。32才で気づいて良かった。これからも実戦したい。

節約をすることは貯蓄につながる

1人暮らしをはじめたばっかりの頃に気付いたことです。
1人暮らしをするとやはり生活費の節約は必須といってもいい状態でした。特に節約すべきは食費や光熱費、最初は本当に苦労したんです。
普通に考えて食費を抑えるには外食を控えて自炊するということが何より食費の節約に効果があると思っていました。実際にそうなのですが、それは正しく自炊をした場合に限るということを知らなかったんです。
必死になって食費を節約するために頑張って自炊していたのですが、当時は料理も下手でそのうえ1人分の食事を作るのが苦手、お腹がすいているとついつい1人分の食事なのに作りすぎてしまうんです。

そして最悪なのは味の悪いご飯を大量に作って食べきれずに捨ててしまっていたということです。1人分の分量というのは本当にわずかでよくて、逆になれていないと作るのが難しい。
そして自分が作りすぎているご飯を捨てているということがどれだけ食材を無駄にしているのかということにやっと気付いたとき私の本当の意味での節約が始まりました。

現在では1人分の分量をきっちりと把握して必要な分だけきっちりと作ることができるので食材を無駄にすることもなく、以前よりも質のいい食材を使用していてもそれほど食費にお金をかけることがなくなりました。
とにかく無駄をなくすこと、これが貯蓄につながると思っています。

こっそりお小遣い稼ぎをしませんか?

貯金を増やしたいと思ったら、収入を増やすか、支出を減らすか、そのどちらかですよね。今日はその、収入を増やすほうの小技を1つ紹介します。

ご自宅にインターネットを使える環境はありますか?または、スマートフォンを使っていませんか?どちらかに当てはまったら、ネットを通してちょっとお小遣いを稼げるかもしれません。最近少しずつ有名になってきましたが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの仕事アプリです。

ちょっとした隙間時間にできるブログ記事作成などの簡単な業務や、まとまった時間に行う、デザインやテープ起こしなど業務を請け負って報酬を受け取ることができます。記事作成のような業務でも1日数円のポイントサイトより単価が大きいので、コツコツ貯めていくのにちょうど良いです。今は育児などで仕事についていないけど近い将来事務職で復職を考えている方はタイピングやExcel計算などの仕事に慣れるために始めてみるのも良いかもしれません。本当にいろいろな仕事があるので、自分の意外な才能を発掘できるかも。

隙間時間でコツコツ稼ぎたい人も仕事の合間でこっそり副業したい人も、検索するだけならタダですから、一度検索してみてください。

節約したいなら格安スマホに注目してみる

昔は携帯電話を持っている人というのはビジネスマンや、ごく限られた人でした。

またネットも普及していなかったので、通信費も昔は今ほど多くなかったということのほうが多いでしょう。

ですから節約したいのであれば通信費の見直し、スマホの料金の見直しをしてみるというのも良いでしょう。

スマホは機種によって使い勝手も違いますし、使える機能もそれぞれ違います。

ですからそれによって毎月の費用が大きく違ってくることがほとんどですので、節約したいなら自分にあったスマホを見つけていくと良いです。

新しい機種や人気のある機種は機種そのものの価格も高く、それプラス通信料も払うとなると、とてもたくさんのお金が必要になってしまうでしょう。

ですからできるだけ無駄を省いた、通信料が安いものを選んでいくと良いでしょう。

注目なのが格安スマホですが、格安スマホもメリット、デメリット部分があるので、格安スマホに関するサイトをチェックしていくと良いでしょう。

学生であれば格安スマホで十分だということもありますし、使う人によって機種やプランを分けてみても良いです。

家族一人の通信費を抑えるだけでも毎月のことですからかなりの節約になるでしょう。

閉店駆け込み節約術

私はもともと光熱費の節約は上手なほうでした。待機電力はもってのほかで、出かける際は電源を切る、抜くの手順を必ず守っています。これを小まめに行っているとコンセント周りを常に清潔に保っておくことも出来るので、電化製品による火災のリスクも減らすことが出来ます。お風呂の水はもちろん洗濯機に回せるようホースを伸ばしていますし、トイレで流す水は、タンクに2リットルのペットボトルを入れることで流れる量を調節しています。ただ、この方法が向かないトイレもあるので、注意が必要です。光熱費の他に生活費を圧迫するのが食費です。

私は旦那と育ちざかりの子供がいる家族4人の構成なのですが、子供が底なしか、と思えるほどよく食べるので、毎月の食費は節約前は7万円前後は掛かっていました。どうしたものか、と思い、複数のスーパーの半額や値下げシールが貼られるタイミングをメモしていきました。このスーパーでは肉はこの時間、あのスーパーでは魚はこの時間に安くなるなど、すべての食料品が安くなるタイミングをエクセルでデータ化し、車の移動量も計算に入れて買い物するようになりました。これが習慣付いてから、まず定価で食料品を買うことはなくなりました。そうすることで月に2万、年間にすると24万円の節約に成功しています。日々の食費はボディブローのように家計にダメージを与えます。しっかり管理することをお勧めします。

産休に入ってからの生活の見直し・節約

今までは貯金なんてできなくて、もらった給料はほぼ使い果たしていた私。

結婚して妊娠、とうとう産休に突入して貰える手当ても今までの給料の半分ほどです。

まずは節約の為に一番手っ取り早い無駄な買い物をやめようと思いました。

欲しいものがあってもすぐに買わずに考える。

1週間程考えても欲しければ買いますが、大抵の場合は買わないでも必要ないってことで買っていません。

次に我が家で無駄なものが沢山ある場所は冷蔵庫です。

スーパーに行くと安いからあれもこれもと買ってしまって食材を腐らせることもしばしば。

多めに作って冷凍しておこうと食材のストックを作っても、いつまでも使わずに冷凍庫の肥やしに。とりあえず始めたのは当分買い物をやめること。

眠っている食材を使えば案外買い物にいかなくてもどうにかなることがよくわかります。

私は2週間買い物に行かなくてもなんとかなりました。

そして現在は買い物に行く前に1週間の献立を決め、必要なものだけを購入しています。

現在では毎月3万円で食費と、生活用品をまかなっています。

今まで貯金ができていなかったのがうそのようです。

産休手当てや育児休業給付金は丸々貯金することができるようになりました。