ポイントカードの利用

私は、最近、買い物をするときに現金ではなくカード払いを出来る時には、できるだけカードでの支払いをするようにしています。

それは、小銭を出すのがめんどくさいという理由ではなく、貯蓄のためです。

というのも、カードで支払うと、100円につき、2円のキャッシュバッグがあるというカードを見つけたからです。

それは、LINEペイカードというものなのですが、これは、クレジットカードではなくプリペイドカード方式で、そのカードの中に自分でお金を入金し、その入金した金額内の買い物が可能だというものになります。

クレジットカードではないので、使いすぎて後から支払いに困るということはありません。

しかも、クレジットカードのように、JCBカードが利用できるところでは、簡単に使用することができます。

支払いをそのカードで行うと、利用した明細がすぐにスマートフォンにお知らせしてくれます。

なので、万が一紛失した際にも、どこかで使用されるとそれを知ることができます。

100円で2円のキャッシュバッグなので、今まで使っていたクレジットカードを使用するよりも、お得です。

これで、少しずつですが、貯蓄をして、お金を貯めていけたらいいなと考えています。

何か必要になったら百円ショップに行こう

子育て中はとにかく必要な物が次から次へと出て来ます。特に子供の物はある日急に必要になったり、いらなくなったりと、入れ替わりが激しく「結構高かったのに、もう使わないのか・・・」なんてことが多々あると思います。

私自身も子育て中、事前にネットなどで必要な物を調べたりしながら、とにかく短期間しか使わないものは手作りしよう!と決めていました。いざ子供が生まれて見ると作る余裕なんてない毎日だったりしますが、そんな時でも助けになったのが近所の百円ショップでした。

値段がとても手ごろなので、とりあえず買って見ようとか、とりあえず使ってみようというお試しが出来ます。そんな私が一番役に立った!と思ったのがワイヤーネットでした。結束バンド(これも百円ショップ)としっかり固定し、真四角にすれば簡易サイズのベビーサークル。しかも、升目をずらして固定すれば、ほぼ部屋のサイズにピッタリ作ることが出来ます。

これは子供の行動範囲が広がったり、つかまり立ちをするようになったら高さを付けたりと、とにかく重宝しました。また便利なのが、ベビーサークルとして使わなくなっても、そのあとおもちゃ箱や、絵本をしまうケース、オムツ入れなど、とにかくどんなものにでも作り変えることが出来ます。市販のを買っていたら、かなりのサイズのゴミと処理費用が掛かっていたと思います。

子供が大きくなってからも、あのころのベビサークルは別の物として、我が家では現在でも使用しています。

お手頃価格で長く使う。何か欲しいなと思ったらとりあえず百円ショップに行ってみて、作れないかな?と考えるのが癖になりました。

買った方が安い物もあるので、しっかり値段や使い勝手、丈夫さなどを考慮して良い方を選んで、これからも、物とお金の節約をしていこうと思います。

手軽な節約~~まずは食費から

私は社会人2年目なのですが、やはりあまり収入支出を考えずに生活していると無駄が多いと感じ、最近節約を意識しています。

支出のうち食費が多いなと感じました。というのも独り暮らしであまり自炊せず外食しているからです。またランチもコンビニで買ったりして出費がかさんでいます。そこでまず自炊の回数を増やすようにしています。1回の調理で何日分も作れるように中型のタッパーを購入。肉じゃがや炒め物などを多めに作ってはタッパーに入れ、冷蔵庫に保存してまた食べるようにしています。またランチも、これまでコンビニで平均500円くらい使っていたのですが、家からごはんやおにぎりを持っていくようにし、コンビニでプラスアルファで買うようにしました。それでコンビニの購入額が300円くらいまで削減できました。またジュースなどをコンビニで買っていたのですがそれをなるべくやめて家のお茶をペットボトルにいれて持参するようにしました。そうすると冷たいまま飲めないんですが、職場の冷蔵庫を使わせてもらえることになったのでそこで冷やせます。

こうしたカンタンな節約をしていると月5000円くらいは食費が削れたと思います。油断せず、ずっと続けていきたいです。

今からできるわたしなりの節約方法

よくお聞きするような節約方法ばかりでお役にたつような情報があるかわかりませんが…少しお時間をさいていただけると嬉しいです。食べ物関連の話をしていきたいと思います。皆様は普段冷蔵庫の中、どのように整理整頓されていますか?ごちゃごちゃに入れてしまうと探すのに時間がかかりますよね。そしてその探している間は冷蔵庫はひらきっぱなしです。開きっぱなしということは電力が必要以上に食います。ここに無駄を感じませんか?なので探しやすいように常に整理整頓を心がけましょう!

例えばタッパーで保存する場合、付箋やメモなどを用いて何が入っているのかひと目でわかるようにしましょう。そしてしょうゆやタレなどお弁当についてくるものを保存する場合はかごなどにまとめて入れておいて使う際は一度かごを冷蔵庫から取り出して選ぶように心がけましょう。

またかごにただ入れるだけでなくジップロック等に種類別で入れマジックペンなどで袋に何が入っているのか書いておくとさらに便利ですよ。あと気をつけるべきことは冷蔵庫の中に物を入れすぎないことです。入れすぎると冷蔵庫の中を冷やそうとする力が余分に必要になってきますからよくありません。またいっぱいだとやはり探すのも大変になります。なので適度な量を保つようにしましょう。次に気をつけるべきなのは電子レンジやオーブントースターなどの電化製品。こういったものは常に使うわけではありませんよね。

でも差しっぱなしにする方、多いんではないでしょうか?今すぐやめましょう。稼動していなくても電力は使っています。なので非常に無駄な料金を払っているのです!使っていない時にコンセントを抜いておくだけでも数百円もの差が出ます。なので今すぐ実行すべきだと思います。まずはこういった身近なところから少しずつ節約を行っていきたいですね。

スマホ料金の節制見直し<格安SIMのススメ>

昨今のスマートフォン料金について、皆さんはどうお考えだろうか?

きっとほとんどの人が「高い・とても高い」と感じながらも、「これが当たり前の金額なのだろう」という意見が大半を占めているであろうと思われます。

特に、日本人が好んで使用している「iPhoneシリーズ」。

本体料金ももちろん高いのだが、それ以上にネックになっているのが基本料金プランの種類。

今では、当たり前のように「かけホーダイプラン」に加入し、「パケットパックM」以上のデータプランにさも当たり前のように加入している。

本体料金合わせて2年間が一人頭10,000円を越えているなんてざらにある話であろう。

しかし、そのまま流されるだけで契約しているスマホにこそ、明確な節約の糸口があるのです。

それこそ、「格安SIMの存在」なのです。

今ではCMでも見かけることが多くなった格安スマホ、これももちろん素晴らしい選択であるのは間違いない。

だが、どうしてもiPhoneを使いたいユーザーは多いはず。

そこで登場するのが、「格安SIM」である。

携帯電話を自機のみで通信可能な状態にする小さなチップの通称である。

今現在の手持ちのiPhoneを「SIMロック解除」を行い、「格安SIM」をセットすることで毎月の料金が劇的に変化する。

「使い方がわからない ・苦手だ・不安だ」という方ももちろん多くいらっしゃるのは当然の事。

しかし、現在格安SIMを取り扱っている会社のフォロー・バックアップが充実しつつあるのは間違いない。

ネットで調べれば、答えはすぐ出てくるのです。

かくいう私も、スマホ料金を抑えるために格安SIMと固定回線WIFIを駆使して、毎月3000円以内に抑えることに成功しています。

月7,000円×12ヶ月=84,000円の節約を実現しています。

年間でこれだけの金額が節約できるとちょっとした贅沢も出来てしまうほどです。

つまりは、自身のスマホの使用用途をしっかり見つめ直してほしい。

本当に毎日何十分も電話をかけているのか、ネットの必要要領数を把握しているのか。

簡潔にはなってしまいましたが、自分がどこまでスマートフォンを使用しているかを把握することで、料金を抑えられる選択肢が広がります。

ぜひ一度、料金サイト・診断サイトなどを駆使して、確認していただきたい。