パスタを茹でる前のひと手間で時短とガス代の節約

麺類といえば、この季節だと素麺が定番ですか、蕎麦やパスタ、ラーメンなどは喉越しがいいので、私も好んで食べています。

ただ、夏場は暑くて、できるだけガスを使いたくありません。

パスタに限ってですが、私が知っている方法で、時短ででき、ガス代が節約になる豆知識があります。

それは、パスタの乾麺を水をはったバットに1時間以上浸しておくだけという、とてもシンプルな方法です。

そうすると、吸水しているのか、色が少し白っぽく変わってきます。

そして、1時間も水に浸していると、ふやけて柔らかくなります。

その状態になったら、茹でる作業をいつも通り行います。

鍋に水を沸騰させ、塩を入れ、水で柔らかくなったパスタを入れて、約一分ぐらいで茹でます。

乾麺を普通に茹でたら、6分ぐらいはかかるので、ガス代の節約にもなるし、この季節は特に暑さから解放されると思います。

また、乾麺から茹でる場合は、鍋から麺がはみ出し、素麺のようにすぐにクタッとならないので、深鍋がいります。

でもこの方法だと、 麺が柔らかくなっているので、浅鍋で 茹でることができ、とても作業し易いです。

茹で上がったら、普通に好みのパスタメニューに調理します。

パスタを茹でる前のひと手間で、暑さだけでなくガス代の節約にもなるので、主婦としてはありがたいと思います。

光熱費の節約

最初に、水道代の節約について紹介します。夏はシャワーを浴びる回数が増え、冬は湯船につかる回数が増えると、必然的に水道代も高くなります。私も、跳ね上がった水道代を見た時は驚いたものです。私が実践しているのは、シャワーの使い方です。髪や体を洗っているときに出しっ放しにしがちですが、流さない時には水道を止めることを徹底しています。また、湯船にためたお湯も、洗濯に利用するようにしました。洗濯機も意外と水を使っています。

次に、ガス代です。これは、最初なぜこんなに値段が高くなるのかわかりませんでした。前提として、LPガスは基本的に料金が高めです。都市ガスに替えることが可能であれば、検討をおすすめします。簡単にできることは、冬場、給湯器の設定温度を高くしすぎないことです。冷え切った状態から高い温度にするために、たくさんのガスを使います。また、つけっぱなしにしがちですが、給湯器の電源もこまめに切るようにしてください。

最後に電気代です。一番簡単なのは、待機電力を少なくすることです。使っていない電化製品のコンセントは、こまめに抜くようにしましょう。また、エアコンを使用するときは、外気温からかけ離れた温度設定にしないでください。差が大きければそれだけ電気も使います。また、エアコン運転中は「弱」設定ではなく、「自動」設定にした方が、電気代の節約になります。

缶コーヒーを飲んだつもりの貯金

私は缶コーヒーが好きで、よく飲んだりしていました。家の近くに自動販売機があって、手軽に買える¥100の缶コーヒー。あの甘さについフラフラと買い求めてしまいます。中毒とまではいかないけれど、飲みたいなと思うと、缶コーヒーが気になって仕方が無い。

でも毎日一本飲んだら、月に3000円お金を使うのだなと気づきました。結構な出費ですよね。

普段は100円だからいいかと買っていたけど、並んだ空き缶を見ていたら、100円もばかにならない。これは無駄な出費だなと気づき、缶コーヒーを辞めて、ペットボトルのコーヒーに替えてみました。一日一回はコーヒーを飲みたいので、飲まないわけにはいきません。

そして缶コーヒーが飲みたくなったら、飲んだつもりで\100貯金を始めました。

実は缶コーヒーって糖分が多いから、胃に負担が掛かるのですよね。胃の弱い私にとっては飲み過ぎると胃が痛くなるので、缶コーヒーを飲みたくなったら「今は胃が痛いから飲んじゃ駄目」と自分に暗示を掛けて、¥100を貯金箱に入れる。そしたら何と\1000位貯まっているじゃありませんか。これって貯蓄できるじゃないと早速缶コーヒー貯金を始めた。一ヶ月後にいくら貯まるか楽しみになってきました。

節約する方法

私は今お金を無駄遣いしない為に節約生活をしています。私が1番節約しているものは、日用品や衣料品です。ティッシュペーパーやトイレットペーパーや体や髪を洗う石鹸や洗剤や漂白剤などの日用品は、1番値段が安いものを買うようにしています。ティッシュペーパーは箱に入っていないタイプの値段が安い商品や、石鹸は3個入って100円で売っているものや、洗濯をする時に使う洗剤や漂白剤なども100円均一で買うようにしています。そして衣料品を買う時は、安いお店に行って買うようにしています。

例えば、衣料品を安く販売していることで有名なGUやサンキやスーパーマーケットに入っている衣料店や、インターネットのアウトレットの衣料品を販売しているお店などで、洋服やバッグやアクセサリーや靴などを買うようにしています。インターネットのアウトレットの衣料品を販売しているお店は、アウトレット商品でも意外と質の良いものを販売しているので結構良いです。日用品や衣料品は安いものでも、生活に支障をきたすことがほとんど無いと思うので、節約をする時は日用品や衣料品を徹底的に節約すると良いと思います。食費を節約し過ぎると健康に影響が出てしまうと思うので、食費は栄養面を考えながら節約をすると良いと思います。

あなたの支払い、借金はいくら?把握してますか?

クレジットカードの普及は、便利な社会をもたらしました。

その一方当然デメリットもあります。

クレジットカードで買い物をしても、その時点では現金は減少しません。

財布の中身はもちろん、銀行の預貯金も変化しません。

でもあなたの現金資産は、確実に減っています。

しかしクレジットカードでの買い物は、その感覚を鈍くしてしまうのです。

それでもまだ、「財布からクレジットカードを出す」という行動が伴うため、それなりに意識に残り得ます。

問題は月々の支払いです。クレジットカードの支払いは一括払いだけでなく、分割払いリボ払いというものがあります。

高額な買い物を分割で支払う人は多いはず。

分割によって金額は薄まり、しかも長期の支払いは、その存在自体が、意識から忘れられやすいものです。

分割によって金額が薄まっていても、減っているわけでも無くなっているわけでもありません。

意識の外にあるだけで、確実に存在しています。

そして何かのきっかけで意識することになり、「あれ、こんなに支払いあったけ!?」となります。

節約するにはあなたの財政状態、特に支払いや借金は常に目に見える情報としておくべきです。

そのための手段として有効なのが、古くさくてオーソドックスな家計簿です。

一番オススメなのは、実際に書くタイプの、昔ながらの家計簿。

実際に書くのは手間です。でも手間をかけた方が意識に残りやすいし、自覚しやすいものです。

といっても計算は自分でする必要があるし、一日の終わりにまとめてやるのも面倒です(記録がいる)。

そこでオススメなのが、スマホの家計簿。

スマホの家計簿なら、持ち歩くので都度入力ができ、計算も自動です。

何にしても重要なのは続けること。あなたに合った方法を見つけてください。