逃げないで節約と貯金と向き合う方法

大金を稼いでいない限り、最近の社会人生活では、貯金が難しく、節約が必要になってきます。しかし、安い物でも、頻繁に買ってしまうと、知らないうちにお金が無くなってしまいます。

私は、貯金は上手い方ですが、実は、無駄な小さな出費が多く、基本的にレシートも捨ててしまうため、自分が実際どのくらいの金額を使っているのか、はっきりとは把握できませんでした。しかし、これから節約しなければいけないので、新たに、自分に強制的に貯金と節約に向き合う事を始めました。まず、最初に行ったのは、コンビニなどで買う間食の値段を月3000円と決めた事です。

そして、毎回買い物をする度に、予定表に、値段を書きます。横に残高を書いておくと、後どのくらい使えるかが分かるので、今まで100円だからと買っていた物も、我慢する様になりました。

また、日用品や交通費でも、必ず予定表に何を買ったかしっかり書き、1週間ごとに、合計使った金額を書きます。そこで、自分が1週間に約どれくらい使っているかが分かるので、自分のお給料からどれだけの金額を貯金に回し、どれだけの金額を銀行から引き出すか最初に計算する事ができる様になりました。

もちろん、まだ始めたばかりですが、物を買う前に安くても高くても、一度考える時間ができる様になったので、余計な物を買わなくなり、すでに節約ができています。これからどのくらい節約して貯金ができる様になるか楽しみです。

Comments are closed.