お金を可視化する

クレジットカード、何種類持っていますか?電車に乗る時もICカード、買い物もクレジットカードなど、現金を使う機会が昔と比べ減ってきています。それと同時に、自分が使ったお金が見えにくくなっています。カードでの支払いは簡単ですが、使ったその時点でのお金の変化がないので、使い過ぎてしまうリスクがあります。

だからといってカードを使ってはいけないというわけではありません。可視化すればよいのです。どのようにすれば、お金が見えるようになるのか。それは、家計簿です。Excelでも簡単に作ることが出来ます。例えば、1か月の収入と支出を書きだし、さらに支出は食費・雑費・嗜好品・交通費・高熱費・家賃などと細かく分類分けをします。

そうすると月にいくら何に使っているかが見えるようになります。家賃や光熱費などの固定費はいいとして、食費や嗜好品などは想像以上でしょう。1か月にいくら節約したいかを決めて、どこからいくら節約するかを決めます。嗜好品は一番削りやすいのではないでしょうか。

もちろん、楽しみも必要ですので、毎日飲んでいるワインを3日にし、2日焼酎、2日禁酒日などといった具合です。無理をし過ぎないというのも節約を継続するためのポイントです。

Comments are closed.