節約をすることは貯蓄につながる

1人暮らしをはじめたばっかりの頃に気付いたことです。
1人暮らしをするとやはり生活費の節約は必須といってもいい状態でした。特に節約すべきは食費や光熱費、最初は本当に苦労したんです。
普通に考えて食費を抑えるには外食を控えて自炊するということが何より食費の節約に効果があると思っていました。実際にそうなのですが、それは正しく自炊をした場合に限るということを知らなかったんです。
必死になって食費を節約するために頑張って自炊していたのですが、当時は料理も下手でそのうえ1人分の食事を作るのが苦手、お腹がすいているとついつい1人分の食事なのに作りすぎてしまうんです。

そして最悪なのは味の悪いご飯を大量に作って食べきれずに捨ててしまっていたということです。1人分の分量というのは本当にわずかでよくて、逆になれていないと作るのが難しい。
そして自分が作りすぎているご飯を捨てているということがどれだけ食材を無駄にしているのかということにやっと気付いたとき私の本当の意味での節約が始まりました。

現在では1人分の分量をきっちりと把握して必要な分だけきっちりと作ることができるので食材を無駄にすることもなく、以前よりも質のいい食材を使用していてもそれほど食費にお金をかけることがなくなりました。
とにかく無駄をなくすこと、これが貯蓄につながると思っています。

Comments are closed.