スマホ料金の節制見直し<格安SIMのススメ>

昨今のスマートフォン料金について、皆さんはどうお考えだろうか?

きっとほとんどの人が「高い・とても高い」と感じながらも、「これが当たり前の金額なのだろう」という意見が大半を占めているであろうと思われます。

特に、日本人が好んで使用している「iPhoneシリーズ」。

本体料金ももちろん高いのだが、それ以上にネックになっているのが基本料金プランの種類。

今では、当たり前のように「かけホーダイプラン」に加入し、「パケットパックM」以上のデータプランにさも当たり前のように加入している。

本体料金合わせて2年間が一人頭10,000円を越えているなんてざらにある話であろう。

しかし、そのまま流されるだけで契約しているスマホにこそ、明確な節約の糸口があるのです。

それこそ、「格安SIMの存在」なのです。

今ではCMでも見かけることが多くなった格安スマホ、これももちろん素晴らしい選択であるのは間違いない。

だが、どうしてもiPhoneを使いたいユーザーは多いはず。

そこで登場するのが、「格安SIM」である。

携帯電話を自機のみで通信可能な状態にする小さなチップの通称である。

今現在の手持ちのiPhoneを「SIMロック解除」を行い、「格安SIM」をセットすることで毎月の料金が劇的に変化する。

「使い方がわからない ・苦手だ・不安だ」という方ももちろん多くいらっしゃるのは当然の事。

しかし、現在格安SIMを取り扱っている会社のフォロー・バックアップが充実しつつあるのは間違いない。

ネットで調べれば、答えはすぐ出てくるのです。

かくいう私も、スマホ料金を抑えるために格安SIMと固定回線WIFIを駆使して、毎月3000円以内に抑えることに成功しています。

月7,000円×12ヶ月=84,000円の節約を実現しています。

年間でこれだけの金額が節約できるとちょっとした贅沢も出来てしまうほどです。

つまりは、自身のスマホの使用用途をしっかり見つめ直してほしい。

本当に毎日何十分も電話をかけているのか、ネットの必要要領数を把握しているのか。

簡潔にはなってしまいましたが、自分がどこまでスマートフォンを使用しているかを把握することで、料金を抑えられる選択肢が広がります。

ぜひ一度、料金サイト・診断サイトなどを駆使して、確認していただきたい。