パスタを茹でる前のひと手間で時短とガス代の節約

麺類といえば、この季節だと素麺が定番ですか、蕎麦やパスタ、ラーメンなどは喉越しがいいので、私も好んで食べています。

ただ、夏場は暑くて、できるだけガスを使いたくありません。

パスタに限ってですが、私が知っている方法で、時短ででき、ガス代が節約になる豆知識があります。

それは、パスタの乾麺を水をはったバットに1時間以上浸しておくだけという、とてもシンプルな方法です。

そうすると、吸水しているのか、色が少し白っぽく変わってきます。

そして、1時間も水に浸していると、ふやけて柔らかくなります。

その状態になったら、茹でる作業をいつも通り行います。

鍋に水を沸騰させ、塩を入れ、水で柔らかくなったパスタを入れて、約一分ぐらいで茹でます。

乾麺を普通に茹でたら、6分ぐらいはかかるので、ガス代の節約にもなるし、この季節は特に暑さから解放されると思います。

また、乾麺から茹でる場合は、鍋から麺がはみ出し、素麺のようにすぐにクタッとならないので、深鍋がいります。

でもこの方法だと、 麺が柔らかくなっているので、浅鍋で 茹でることができ、とても作業し易いです。

茹で上がったら、普通に好みのパスタメニューに調理します。

パスタを茹でる前のひと手間で、暑さだけでなくガス代の節約にもなるので、主婦としてはありがたいと思います。