何か必要になったら百円ショップに行こう

子育て中はとにかく必要な物が次から次へと出て来ます。特に子供の物はある日急に必要になったり、いらなくなったりと、入れ替わりが激しく「結構高かったのに、もう使わないのか・・・」なんてことが多々あると思います。

私自身も子育て中、事前にネットなどで必要な物を調べたりしながら、とにかく短期間しか使わないものは手作りしよう!と決めていました。いざ子供が生まれて見ると作る余裕なんてない毎日だったりしますが、そんな時でも助けになったのが近所の百円ショップでした。

値段がとても手ごろなので、とりあえず買って見ようとか、とりあえず使ってみようというお試しが出来ます。そんな私が一番役に立った!と思ったのがワイヤーネットでした。結束バンド(これも百円ショップ)としっかり固定し、真四角にすれば簡易サイズのベビーサークル。しかも、升目をずらして固定すれば、ほぼ部屋のサイズにピッタリ作ることが出来ます。

これは子供の行動範囲が広がったり、つかまり立ちをするようになったら高さを付けたりと、とにかく重宝しました。また便利なのが、ベビーサークルとして使わなくなっても、そのあとおもちゃ箱や、絵本をしまうケース、オムツ入れなど、とにかくどんなものにでも作り変えることが出来ます。市販のを買っていたら、かなりのサイズのゴミと処理費用が掛かっていたと思います。

子供が大きくなってからも、あのころのベビサークルは別の物として、我が家では現在でも使用しています。

お手頃価格で長く使う。何か欲しいなと思ったらとりあえず百円ショップに行ってみて、作れないかな?と考えるのが癖になりました。

買った方が安い物もあるので、しっかり値段や使い勝手、丈夫さなどを考慮して良い方を選んで、これからも、物とお金の節約をしていこうと思います。