毎月の支払いがある固定費を削減しよう

節約でポイントとなるのは固定費の削減がまず一番に着手するポイントです。固定費の削減でもいくつかあり、その中でも代表的なものを紹介します。まず固定費の支払いをクレジットカードで行うことです。口座引き落としでは特に特典はありませんが、クレジットカードで支払えば1%前後のポイントが付与されるので、1%削減できることが可能です。固定費は基本的に毎月の金額が大きなばらつきがないので、クレジットカードでも安心して支払いできると思います。

つぎに携帯料金です。スマートフォンを利用している方は、月々の支払いが多い人で1万円を超えるという人もいると思います。現在では格安SIMやインターネット料金とのセット割などがあるので、それらを利用することで月々の支払いを抑えることができます。他にも固定費の削減で代表的なのは、電力会社の選択です。電力自由化で電気を買う会社を自由に選ぶことができるようになりました。それぞれの会社ごとに特徴があるので自分の生活に合わせて選ぶことをおすすめします。

多くの会社で今の料金より安くできるので変更することをおすすめします。これらのほかにも新聞サービスをネット新聞にして削減したりと様々な方法があります。固定費は毎月一定金額を支払っていくものですので、節約するにはまずこの固定費を削減しましょう。

あなたの支払い、借金はいくら?把握してますか?

クレジットカードの普及は、便利な社会をもたらしました。

その一方当然デメリットもあります。

クレジットカードで買い物をしても、その時点では現金は減少しません。

財布の中身はもちろん、銀行の預貯金も変化しません。

でもあなたの現金資産は、確実に減っています。

しかしクレジットカードでの買い物は、その感覚を鈍くしてしまうのです。

それでもまだ、「財布からクレジットカードを出す」という行動が伴うため、それなりに意識に残り得ます。

問題は月々の支払いです。クレジットカードの支払いは一括払いだけでなく、分割払いリボ払いというものがあります。

高額な買い物を分割で支払う人は多いはず。

分割によって金額は薄まり、しかも長期の支払いは、その存在自体が、意識から忘れられやすいものです。

分割によって金額が薄まっていても、減っているわけでも無くなっているわけでもありません。

意識の外にあるだけで、確実に存在しています。

そして何かのきっかけで意識することになり、「あれ、こんなに支払いあったけ!?」となります。

節約するにはあなたの財政状態、特に支払いや借金は常に目に見える情報としておくべきです。

そのための手段として有効なのが、古くさくてオーソドックスな家計簿です。

一番オススメなのは、実際に書くタイプの、昔ながらの家計簿。

実際に書くのは手間です。でも手間をかけた方が意識に残りやすいし、自覚しやすいものです。

といっても計算は自分でする必要があるし、一日の終わりにまとめてやるのも面倒です(記録がいる)。

そこでオススメなのが、スマホの家計簿。

スマホの家計簿なら、持ち歩くので都度入力ができ、計算も自動です。

何にしても重要なのは続けること。あなたに合った方法を見つけてください。