缶コーヒーを飲んだつもりの貯金

私は缶コーヒーが好きで、よく飲んだりしていました。家の近くに自動販売機があって、手軽に買える¥100の缶コーヒー。あの甘さについフラフラと買い求めてしまいます。中毒とまではいかないけれど、飲みたいなと思うと、缶コーヒーが気になって仕方が無い。

でも毎日一本飲んだら、月に3000円お金を使うのだなと気づきました。結構な出費ですよね。

普段は100円だからいいかと買っていたけど、並んだ空き缶を見ていたら、100円もばかにならない。これは無駄な出費だなと気づき、缶コーヒーを辞めて、ペットボトルのコーヒーに替えてみました。一日一回はコーヒーを飲みたいので、飲まないわけにはいきません。

そして缶コーヒーが飲みたくなったら、飲んだつもりで\100貯金を始めました。

実は缶コーヒーって糖分が多いから、胃に負担が掛かるのですよね。胃の弱い私にとっては飲み過ぎると胃が痛くなるので、缶コーヒーを飲みたくなったら「今は胃が痛いから飲んじゃ駄目」と自分に暗示を掛けて、¥100を貯金箱に入れる。そしたら何と\1000位貯まっているじゃありませんか。これって貯蓄できるじゃないと早速缶コーヒー貯金を始めた。一ヶ月後にいくら貯まるか楽しみになってきました。