カード決済の時代にあえて500円玉貯金がおすすめ

私は去年から500円玉貯金を始めました。

100円ショップに売っているよくある10万円貯まる貯金箱みたいなやつです。

私はそれの無地のタイプの物を用意して、そこに目標10万円とマジックで手書きして、そして前から買いたかった約6万円ぐらいする高級ブーツのブランドロゴをシールを作って貼り付けました。

10万円貯まったらそのブーツを購入して、余ったお金で贅沢をするという算段です。

そして、外出先の買い物でお釣りで500円玉が帰ってきたら、絶対使わずに、財布の別のポケットに分けておくルールを作りました。

そうすると結構いいペースで貯金箱が溜まっていきます。

ブーツを早く購入したいので、ついついわざとお釣りに500円が混ざるような支払い方をしてしまいます。

そして、今までだと少額でも、ポイントが貯まるからと、何も考えずにカード決済していた分もお釣りの500円玉欲しさに現金で購入するようになりました。

結果的に何が良かったかと言うと、数百円のカード払いだと、買った記憶が残らなくて結果的に無駄遣いになってしまうことがありますが、それが無くなりました。

さらに、お釣りの500円玉を使わない縛りを作ると、財布の現金が予想よりも早いペースでなくなります。

「この前1万円おろしたばっかりなのに、もうなくなっちゃった。やばい。」という、罪悪感が生まれるので無駄遣いが減りました。

結果的に1年ぐらいで、500円玉貯金箱を満杯にすることができました。

しかも開けて数えてみると10万円どころか12万円ぐらい入っていました。

ものすごいお得感があり、目標のためにコツコツお金を貯めつつ、自分の財布から現金が減るペースを早める錯覚の効果でかなりの節約ができたと思います。

今回ブーツを買って、また新しく500円玉貯金箱を購入しました。

支出の仕分けを

無駄遣いをしないために収入をがあるとまず支出予定分を仕分けします。無駄に使わないようにお小遣い制度にしています。ATMに行くと封筒があるのでそれを何枚か貰ってきて光熱費等の支払いの分、食費、雑費などその月に使っても良い金額を入れておきます。封筒に入れておくだけでは少しだけなら・・・みたいな感じで使ってしまうといけないので封筒に何に使うお金がいくら入っているか書いておいてホチキスで止めておきます。こうするとさっと出せないので無駄遣いを踏みとどまれるきっかけになります。

また封筒のお金は端数分は余りがでます。余った分はそのまま貯金箱に入れます。貯金箱は貯める楽しみが口座に入れておくよりもあると私は思うので入れることそのものが楽しみになり、小銭を節約できます。あとは無駄な買い物を防ぐためにコンビニなどに無駄に寄らないことを心がけています。ちょっとゴミを捨てるついでに、トイレに行くついでにとコンビニに立ち寄るとほぼ確実に無駄遣いをしてしまうので、誘惑が多いところには寄りません。貯金は余ったお金をとやっているとなかなか貯まらないので収入があったらすぐに貯金用の口座にうつしておきます。生活費でおいてあるものが余ればさらに貯金に回せばいいのです。