産休に入ってからの生活の見直し・節約

今までは貯金なんてできなくて、もらった給料はほぼ使い果たしていた私。

結婚して妊娠、とうとう産休に突入して貰える手当ても今までの給料の半分ほどです。

まずは節約の為に一番手っ取り早い無駄な買い物をやめようと思いました。

欲しいものがあってもすぐに買わずに考える。

1週間程考えても欲しければ買いますが、大抵の場合は買わないでも必要ないってことで買っていません。

次に我が家で無駄なものが沢山ある場所は冷蔵庫です。

スーパーに行くと安いからあれもこれもと買ってしまって食材を腐らせることもしばしば。

多めに作って冷凍しておこうと食材のストックを作っても、いつまでも使わずに冷凍庫の肥やしに。とりあえず始めたのは当分買い物をやめること。

眠っている食材を使えば案外買い物にいかなくてもどうにかなることがよくわかります。

私は2週間買い物に行かなくてもなんとかなりました。

そして現在は買い物に行く前に1週間の献立を決め、必要なものだけを購入しています。

現在では毎月3万円で食費と、生活用品をまかなっています。

今まで貯金ができていなかったのがうそのようです。

産休手当てや育児休業給付金は丸々貯金することができるようになりました。

手軽な節約~~まずは食費から

私は社会人2年目なのですが、やはりあまり収入支出を考えずに生活していると無駄が多いと感じ、最近節約を意識しています。

支出のうち食費が多いなと感じました。というのも独り暮らしであまり自炊せず外食しているからです。またランチもコンビニで買ったりして出費がかさんでいます。そこでまず自炊の回数を増やすようにしています。1回の調理で何日分も作れるように中型のタッパーを購入。肉じゃがや炒め物などを多めに作ってはタッパーに入れ、冷蔵庫に保存してまた食べるようにしています。またランチも、これまでコンビニで平均500円くらい使っていたのですが、家からごはんやおにぎりを持っていくようにし、コンビニでプラスアルファで買うようにしました。それでコンビニの購入額が300円くらいまで削減できました。またジュースなどをコンビニで買っていたのですがそれをなるべくやめて家のお茶をペットボトルにいれて持参するようにしました。そうすると冷たいまま飲めないんですが、職場の冷蔵庫を使わせてもらえることになったのでそこで冷やせます。

こうしたカンタンな節約をしていると月5000円くらいは食費が削れたと思います。油断せず、ずっと続けていきたいです。