カード決済の時代にあえて500円玉貯金がおすすめ

私は去年から500円玉貯金を始めました。

100円ショップに売っているよくある10万円貯まる貯金箱みたいなやつです。

私はそれの無地のタイプの物を用意して、そこに目標10万円とマジックで手書きして、そして前から買いたかった約6万円ぐらいする高級ブーツのブランドロゴをシールを作って貼り付けました。

10万円貯まったらそのブーツを購入して、余ったお金で贅沢をするという算段です。

そして、外出先の買い物でお釣りで500円玉が帰ってきたら、絶対使わずに、財布の別のポケットに分けておくルールを作りました。

そうすると結構いいペースで貯金箱が溜まっていきます。

ブーツを早く購入したいので、ついついわざとお釣りに500円が混ざるような支払い方をしてしまいます。

そして、今までだと少額でも、ポイントが貯まるからと、何も考えずにカード決済していた分もお釣りの500円玉欲しさに現金で購入するようになりました。

結果的に何が良かったかと言うと、数百円のカード払いだと、買った記憶が残らなくて結果的に無駄遣いになってしまうことがありますが、それが無くなりました。

さらに、お釣りの500円玉を使わない縛りを作ると、財布の現金が予想よりも早いペースでなくなります。

「この前1万円おろしたばっかりなのに、もうなくなっちゃった。やばい。」という、罪悪感が生まれるので無駄遣いが減りました。

結果的に1年ぐらいで、500円玉貯金箱を満杯にすることができました。

しかも開けて数えてみると10万円どころか12万円ぐらい入っていました。

ものすごいお得感があり、目標のためにコツコツお金を貯めつつ、自分の財布から現金が減るペースを早める錯覚の効果でかなりの節約ができたと思います。

今回ブーツを買って、また新しく500円玉貯金箱を購入しました。

やってみませんか?500円玉貯金

これは豆知識というよりも私の実体験ですが、オススメなので皆様もやってみてください。

私は貯蓄や貯金が得意ではありません。現在も給与から〇万円は貯金の口座にいれてとか、余った分を貯蓄に回そうとかいうやり方が苦手です。そんな私でも半年に20~30万程貯金が出来た方法をお話します。

やり方は簡単です。500円玉を貯めるだけです。ただし、なるべく500円玉ができるように買い物の時に意識してください。例えば、お会計が631円の時に1,031円ではなく、1,131円を出して御釣りを500円で貰うことを意識するだけです。あとは、もちろんですですが500円玉は使わないようにしてください。

こうやって買い物すると一日に数枚の500円玉が貯まるかわりに、千円札がものすごく減ります。そうするとあれ??財布にお金ないけど、今月こんなにつかったかなーという気にもなって無駄使いも少しは減りました。足りない分はお金をおろせばいいやって考えは気を付けてください。

口座から引き落としでいつの間にか溜まってる!」を読んで俄然やる気がでてきました笑

些細なことですが、もう一つアドバイスがります。貯蓄する缶や箱は大き過ぎない程度のものにすることです。大きすぎるとまだこんなもんかとやる気もそがれますが、大き過ぎないものだと、もう少しで全部貯まるからとやる気もでてきます。

あとは、わざわざ貯金箱を買う必要もありません。クッキーなどが入っていた空き缶でも十分貯めれますので、皆さんお試し下さい。

500円玉貯金すること15年間

今から約だが15年前にはじめた500円玉貯金、貯金箱はカンカンで開けることはできない。

カンカンには30万円と書かれいいる。

今はもうぱんぱんということは、30万円あるということになるのか。

始めたきっかけは、一人150,000円のカナダ旅行のパンフレットだったとおもう。

旅行には間違いなく、夫婦でいくことを目標にしてきた。

ためかたはこうだ。

とにかくお釣りで500円玉が財布にあれば貯金するだった。

始めた当初はこのルールも反故 数ヶ月わすれることもしばしば、 それが本気になってきたのは

こどもが社会人となり夫婦二人の家になったころから

お釣りに500円玉がはいると絶対に手放すことなく貯金箱にいれるまで財布にのこした。

それが今度は習慣となり、なんとか500円を手にいれようと努力するようになる。

たとえば、駐車場の自動改札で600円だった場合は1100円投入し500円玉が

でてくるのを楽しみにした。 これがくせになると貯まるスピードは倍増 そして、

いまぱんぱんなのだ、もうあけて、旅行といきたいところだが、俺も定年まであと2年

定年後にこのお金で旅行ということになった。

いまどうしているか。

ぱんぱんといってもまだ少しよゆうがあり、ねじ込めばまだはいる。

これなら楽勝で30万は超えた。

今の楽しみは、いつねじ込んでもはいらなくなるか?だ。

これも、結構楽しいし小遣いがたまる。

余裕が無いからこそ貯金を楽しむ

うちの家計は主人の収入だけで生活しています。
所得が多いわけでもなく、主人とわたし二人分の奨学金の返済など固定費の支出が多いので、先取り貯金をする余裕がありません。しかし、こども達も居るわけで将来の為にも貯金が必要だと考えています。
そこで、少しでも貯金に回せるお金を確保すべく「500円玉貯金」と「365日貯金」をしています。

1日の終わりに財布の中に500円玉があれば開ける事ができない貯金箱へ入れています。わざと中身の見えない貯金箱を使用して何円貯まったかは開ける時のお楽しみにしています。
365日貯金は1年で6万6795円貯まるというものですが、都合良く小銭を集めるのが難しいので不定期に貯金しています。

「365日貯金シート」をネットでダウンロードして、貯金箱へ入れた金額の箇所にシールを貼って達成感を感じています。このやり方の場合、ちょうど1年で終わる事は出来ませんが出来るだけ1年に近づけて終われる様に頑張っています。余分なお金を捻出する余裕がない家庭にとって、貯金をする事はハードルであり気持ち的にも負担がかかります。
少しでも楽しんで貯金出来るように日々思案しています。節約・貯金は苦しいものだと思っていましたが、今では家族みんなが協力してくれるおかげで考え方が変わりました。